春屋

こちらはゲーム「THE IDOLM@STER」「東方project」を応援しているサイトです。管理人のプレイ日記や、SSが置いてあります。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

誕生日プレゼントは…… 2006年11月24日掲示板にて製作


『誕生日おめでとう!美希ー!』

「うん、ありがとー♪」

今日は美希の誕生日という事もあって、765プロのみんなでお祝いをしてあげる事になった。

「ねえ?、プレゼントは?」

「はいはい、慌てなくっても用意してあるって」

「これは、私たち3人からのだよ。受け取ってね、美希ちゃん」

「大切にしてくださいね」

春香、雪歩、千早から大きな包みを渡された美希は、早速中身を空けてみた。すると……

「わ?、かわいい犬のぬいぐるみだ?!ありがと、みんな?♪」

大きなぬいぐるみを抱えながら、美希はご満悦のようである。

「では?、次は私たちからですよ?」

「うん、一生懸命選んだから、喜んでくれるといいな」

「そうね、わがまま言わずに受け取りなさいよ?」

今度はあずさ、真、律子から箱を渡された。その中身は……

「わあ、目覚まし時計だ?」

「美希ちゃん、朝が苦手だって聞いたから、それにしたのよ?」

「まあ、それを使って、寝坊しないようにね」

「あふぅ……、でも、ありがとう」

多少、複雑な気持ちであったが喜んでいるようであった。そして、次に出てきたのは、伊織、やよい、亜美真美の4人であった。

「ミキミキー!誕生日おめー!」

「これは、真美たちが作ったケーキだよー!たべてたべて?!」

それを聞いた瞬間に、美希と亜美たち4人を除いたみんなが凍りついた。

「そ、それって、大丈夫なの?」

「どういう意味よ、真!このあたしが作ったのよ、大丈夫に決まってるでしょう!」

「大丈夫ですよ、春香さんに見てもらいながら作ったし。ねっ、春香さん♪」

「そうだね。ちゃんと味見もしたし、大丈夫だったよ。安心して、みんな」

春香がそういうと、みんなホッと胸を撫で下ろした。

「ありがとう、亜美、真美、やよい、伊織♪」

美希も、そんな4人の頑張りが嬉しかったのか、とても喜んでいる。

「じゃあ、次は私からね。美希ちゃん、どうぞ」

そう言って、綾乃が渡したのは綺麗な石が付いているアクセサリーだった。

「綺麗な石?……。コレなんていうの?」

「え!?えっと?……なんだっけな?」

「綾乃さん、知らないで買ったんですか?」

千早にそう言われて、明らかに同様しだす綾乃。

「うう、だって、すッごく綺麗だし、いいかな?って思って……」

「別にいいよ、気にしないし。綾乃さん、ありがと♪」

美希にそう言われて、綾乃も笑顔に戻った。するとそこへ……

「うい?っす。あれ、みんなで何してるんだ?」

「あ、プロデューサーさん。風邪はもういいんですか?」

しばらく、風邪を引いて休んでいたプロデューサーの青年がやってきた。

「ん、おかげさまで。で、何の騒ぎ……だ」

と、周りを見回すと、ケーキやプレゼントがあるのに気が付き、プロデューサーの表情が固まった。

「まさか……、今日って美希の?」

みんなが無言で頷いた。それを見て、プロデューサーは心の中で「しまったーーー!!」と叫んでいた。そんなプロデューサーを、美希がじ?っと見つめていた。

「あ、美希……、その……、ごめん。風邪でぶっ倒れる前は覚えてたんだが、本当にごめんな」

「じゃあさ、美希の言う事一つだけ聞いてくれたら、許してあげるよ」

「うっ……。分かったよ……、ただし、あんまり無理難題は言うなよ」

「何をお願いするかな?ミキミキ」

「これは、ちょっと面白そうだよね?♪」

プロデューサーは、亜美と真美の声を聞きながら、冷や冷やしながら待っている。

「ん?っと、決めた。お姫様抱っこしてほし?♪」

「え?そんなのでいいのか、美希」

「うん。ミキね、マンガとかでは見たことあるけど、実際にされた事無いから。だめ?」

プロデューサーは内心ホッとしたが、これをみんなの前でやるという、恥かしい行為の方が問題であった。

「ここでやらなきゃダメ?」

「プロデューサー、ここでやらないと、男らしくないですよー」

「そうね?、さあ早くやんなさいよ?!」

律子と伊織に催促され、プロデューサーも諦めたようであった。

「それじゃ、行くぞ。……それっ!」

「わわ!」

プロデューサーが美希を抱えると、みんなから「お?!」とか歓声が上がった。

「これでいいですか、お姫様。意外と軽いんで助かったぜ」

「意外とって気になるな?。でも、ありがと♪」

「……いいな?、美希」

「春香、心の声が外に出てるわよ」

「で、もう下ろしてもいいか?」

「ん?、まだダメ」

「ま、マジですか。じゃあ、後どれくらいなんだよ……」

プロデューサーが美希に尋ねると、満面の笑みでこう返した。

「え?っと、ミキが飽きるまでー♪」

「……はい」

おわり
スポンサーサイト
【 2007/03/01 (Thu) 】 アイマスのSSですよ♪ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。