春屋

こちらはゲーム「THE IDOLM@STER」「東方project」を応援しているサイトです。管理人のプレイ日記や、SSが置いてあります。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たいようのはな。

このSSは東方プロジェクトの二次創作です。
多少、設定と違うかもしれませんのでご注意を。

ヒマワリが似合うあの人が出てきます。





ミーンミンミンミー!!

「うーん、すっかり夏ね」

「そうだね。・・・その格好で暑くないのかい、聖?」

晩御飯の買い物にやって来たナズーリンは、隣を歩く聖にそう尋ねた。

「心頭滅却すれば……と、言いたいけれど、暑いわね」

「そんな真っ黒い服を着ているからだよ。そうだね、あの巫女達みたいに
脇が全開の涼しい服装にしてみたらどうだい」

「そ、そんな。あんな大胆な格好は私には無理よ、恥ずかしいじゃない~」

「ふむ。それなら半袖にしてみたりスカートを短くしてみるかい?」

そう言いながら聖の事をニヤニヤしながら見るナズーリン。

「も、もう!ナズーリンのいけない子!南無三ー!!」

心の中で『やれやれ』と思いながらも、そんな聖を見てナズーリンは
楽しんでいた。

「ん・・・気のせいかな。里の人間達がソワソワしているような」

「言われてみれば、そんな気もするわね。あっ、お祭りが近いとかかしら」

「そんな子供みたいな。・・・お、丁度いい所に知識人が」

ナズーリンの指差した先にいたのは阿求だった。阿求もナズーリン達に気が付き
こちらへ歩いてきた。

「これは聖さんとナズーリンさん。お買い物か何かですか?」

「こんにちわ、阿求ちゃん」

「やあ、稗田阿求。さっそくなんだが尋ねたい事があるんだ」

ナズーリンと聖は里の人達が何やら落ち着かない様子だった事を話した。

「あ~、そういえばもうそんな季節なんですね」

「季節?」

「はい。里の人達が落ち着かない様子なのは、もうすぐ幽香さんが来るから
ですよ」

阿求の言葉を聞いて、ナズーリンも聖も首を傾げていた。

「なんで、幽香さんが来るとみんなソワソワするの?」

「別に普段から風見幽香は里に来ている様だけれど」

幽香が里に来ているのはナズーリンも聖も見かけた事があるので、さほど
珍しい事ではなかった。

「そっか、聖さん達は里に来たばかりですものね。それはこの時期が丁度
……おっと、噂をすれば本人が」

阿求に言われナズーリンと聖が振り向くと、日傘を差した幽香が歩いて
きていた。・・・ただ、今日の幽香はいつもと違っていた。

「……彼女は普段あんな最高の笑顔を振りまきながらやって来る様な
奴だったか?」

「ゆ、幽香さん。いつも可愛らしいけれど、今日はいつも以上ね・・・」

「あら?阿求と聖にネズミじゃない。こんにちわ、今日はいい天気ね♪」

太陽の様な幽香の笑顔に二人はつい一歩後ろに下がってしまった。

(えっ?ええっ?幽香さんの笑顔にこんなにドキドキしちゃうなんて!?)

(くっ・・・この私の心を一瞬でもぐらつかせるとは)

「どうしたの、急に黙っちゃって?」

「い、いや、その・・・」

「風見幽香、何か今日は良い事でもあったのかい?」

ナズーリンがそう聞くと、幽香は先ほどの様な笑顔で答えた。

「ここ最近良いお天気が続いたでしょう。そのおかげで今年もたくさんの
ヒマワリが咲いたのよ♪うふふ、もうそれが嬉しくて嬉しくて♪」

それを聞いて、二人は先ほど阿求が言いかけた言葉の意味が解った。

(なるほど。ヒマワリが咲く季節になると、幽香さんがこんな風になるのね)

(確かに、これは中々の破壊力だ)

「幽香さんはこれからどちらに?」

「お花屋さんよ。短い間だけれど、あの子達が綺麗に咲ける様に肥料とかを
買いにね。それじゃあ、またね♪」

それだけ言い残し、上機嫌な幽香は花屋の方へと行ってしまった。

「・・・まあ、もうお解りでしょうけれど。この時期の幽香さんは
あの様な状態になるので、里の人達も落ち着かなくなってしまうんですよ」

「あ、お花屋さんの女の子が戸惑ってるわ」

「なんというか・・・流石、最強の妖怪といった所かな」

ナズーリンと聖は、改めて風見幽香は恐ろしい妖怪なのだと認識した。
・・・少し違った意味で。

おわり。
スポンサーサイト
【 2010/07/20 (Tue) 】 東方SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。