春屋

こちらはゲーム「THE IDOLM@STER」「東方project」を応援しているサイトです。管理人のプレイ日記や、SSが置いてあります。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイドルマスター2 すとーりーぜろ 第7話「やよいと伊織とみちる」

こちらのSSは『アイドルマスター2』のSSです。
多少設定が違っていたり、オリジナルなPが出ますので
気にしない人だけ進んでくださいね。





アイドル事務所としてどうかと思うくらい、平和で何も起こらない765プロ。

「う~ん。平和ね~、やよいちゃん♪」

「そうですねー。でも、こんなにのんびりしてていいんですか?」

「いーのいーの、今日は特にやる事無いし。それにやよいちゃんとこうして
 イチャついていられるんだから☆」

そんな事を言いながら、やよいの膝枕でゴキゲンなみちる。

「あはは。そうやってると、みちるさんウチの妹たちみたいです」

「む、一応やよいちゃんよりお姉さんなんだけどな」

みちるを膝枕しているのは『高槻やよい』。家族の為にアイドルで
頑張る涙ぐましい少女なのだが、そんなのを感じさせないほど元気で
明るい姿はファンだけでなく、事務所のみんなも元気にさせるほどである。

「あ、そうだ。今日はドーナツ100円の日だったからいっぱいドーナツ
 買ってきたわよ。後でみんなで食べましょう♪もちろん、やよいちゃんの
 妹弟たちの分もあるからね」

「わー!いつもありがとうございまーす!」

「気にしないでいいわよ。ほら、私にはやよいちゃんのお家がどれだけ大変か
 なんて解らないからさ。ただの自己満足だけどこれくらいはさせてね」

起き上がったみちるはやよいの頭を撫でながらそう言った。

「えへへ、気持ちだけでもすっごく嬉しいですよみちるさん♪」

「ん、家族は大事にしなさいな」

と、二人がそんな事をしているとレッスンに行っていた伊織と響が
帰ってきた。

「みちる~?私たちが一生懸命レッスンしていたのにやよいと何を
 していたのかしら~?」

怒りのオーラを纏いながら笑顔でそう聞く伊織。

「一生懸命イチャイチャしていました!」

「本当に何してるのよー!!!」

「う・・・伊織がものすごく怖いぞ」

みちるに怒りをぶつけているのは『水瀬伊織』。ものすごくお金持ちの
お嬢様で少々ワガママな性格であるが、本当は寂しがりやだったりもする。
最近は歳の近いやよいと仲がいい。

「なによー、だったら伊織ちゃんもやよいちゃんにくっつけばいいじゃない~」

「そ、そんな事できるわけないじゃない!?」

「私は平気だよ、伊織ちゃん」

「そういう問題じゃなーい!」

「そうそう。やよい、伊織がおみやげにケーキ買ってきてくれたぞ。
 みんなで食べよう♪」

そう言い、ケーキの箱を掲げる響。

「あらあら~?伊織ちゃんもやよいちゃんに優しいじゃない~」

「た、たまたま美味しそうなケーキがあったから・・・それだけよ!」

「まったく。みちるも伊織も、やよいが困ってるぞ~」

とか言いながらも、響はドサクサに紛れてやよいに抱きついていた。

「こらー!アンタもなにやってんのよ!!」

「もー、そんなにヤキモチ焼かなくてもいいのに」

「焼いてないわよ!・・・って、もうさすがにツッコミ疲れたわ」

色々と疲れきってしまった伊織は『みちる専用』と書いてあるソファーへ
座ってしまった。

「あら?このソファー、結構良いソファーね」

「さすが伊織ちゃん♪いい目してるわね~♪」

伊織にソファーを評価されみちるは嬉しそうにしていた。
みちるのソファーは一見普通の白いソファーにだが、律子が言うには
かなり高い物だと言っていた。なので、みんな値段は知らないがとにかく
高いソファーなんだという位の認識だった。

「そういえばみちるさん。そのソファーってどの位の値段なんですか?」

「あっ、自分もちょっと気になってたんだ。結構高そうだけど」

やよいと響の質問に、みちるはサラッと衝撃の値段を告げた。

「ん~と・・・安くなってたから大体70万ちょっとかな」

『……ななじゅうまん!?』

あまりに凄い値段にやよいと響はソファーから一歩後ずさりしてしまった。

「へー、そんなもんなんだ。意外と安かったわね」

「でしょ~☆いやー、いい買い物だったわ♪」

「お、お前ら、金銭感覚おかしいぞーー!!」

「な、ななじゅうまんえんもあったら、もやし何袋買えるんだろう……」

「一袋28円だとすると、2万5千袋かな」

「絶対に使い切れないぞ・・・つーか、そんなソファーでみちるはポテチ
 食べたりジュース飲んだりしてたのか・・・」

もやしの山を想像しながら立ち尽くすやよいと呆れている響をよそに、
みちると伊織は普通だった。

「そんなに驚くほどなのかな?」

「さあ?ウチにもそれくらいのなら沢山あるけどね」

「……自分、お嬢様の気持ちは一生解らないと思う」

「もやしがいっぱい・・・もやしがいっぱい・・・」


つづく。
スポンサーサイト
【 2011/02/21 (Mon) 】 アイマス2のSSです☆ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。