春屋

こちらはゲーム「THE IDOLM@STER」「東方project」を応援しているサイトです。管理人のプレイ日記や、SSが置いてあります。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

みんなを笑顔にするアイドル

こちらのSSは麻宵の月下乱舞祭のエクレアさんから送られたSSですよ。
ありがとうございます~!E.T.Oプロの事はこちらへ

やよいと麻宵のお話です。






みんなを笑顔にするアイドル


その日、ボク天月麻宵はレッスンが終わった後、少し部屋に残るよう
プロデューサーの桜井宏美さんに言われました。

「突然だけど麻宵ちゃんの目指すアイドルはなに?」

開口一番に宏美さんはボクにそう質問してきました。

「えっと、みんなを笑顔にするアイドルですよ!」

なんで宏美さんがそんな事を聞いてくるのかのボクには全く
わかりませんでした。みんなを笑顔にするアイドルを目指している事は
プロフィールなどにも載っているので、宏美さんが知らないはずないからです。

「みんなを笑顔にするアイドルか……ハッキリ言うと今の麻宵ちゃんでは無理ね」

「えっ……何でですか?」

「麻宵ちゃんは誰のためにアイドルをやってるの?」

「誰のためですか?それはボクと妹の千草と社長ためです!
 社長はボクと千草を引き取ってくれてアイドルをやることを条件にボク達姉妹の
 生活を約束してくれました。だから大事な妹の生活のためと社長への恩返しの
 ためにボクはアイドルをやっています!」

「とっても立派なことね。でもそこに重要な人が抜けてない?」

「重要な人ですか?あ、事務所のみんなですね!!」

「確かにみんなも大事なんだけど……。それよりまず大切な人よ」

千草でも事務所のみんなでもないと何だろう。ボクは見当がつきませんでした。

「わからないかしら?それじゃこの事は次のレッスンまでの宿題ね。
大丈夫、麻宵ちゃんならちゃんと答えを出すことが出来るわ。」

「は、はい。頑張ります……」

千草より事務所のみんなよりも大切な人って誰だろう?
帰りにボクは公園によってブランコに座りずっとその事考えていました。

「うーんわかんないなぁ」

考えながら木の枝で無意識に地面描いてたエクレアさんの顔の数はもう5つに
もなっていました。そろそろお腹もすいてきたし帰ろかな~…。そう考えた矢先に
ボクは意外な人に声をかけられました。

「あれ?もしかして麻宵ちゃんですか?」

そう言われて顔をあげてみると、そこにはなんと765プロのアイドルでボクの
憧れである高槻やよいさんがスーパーの袋を持って立っていました。

「や、やよいさん!?」

実はボクはやよいさんとは一度この公園で会っていました。そういえば初めてここで
出会ったときもボクはここで考え事をしていた時だったなぁ…。

「やっぱり!久しぶりだね麻宵ちゃん!アイドルのお仕事頑張ってる?」

「は、はい!・・・あ、でも今は少し悩んでいるんでした・・・」

「悩みごと?私でよかったら聞くよ?」

やよいさんの優しさがすごく嬉しかったのと、憧れのアイドルであるやよいさんなら
答えを知ってるような気がしました。

「ありがとうございます。実は・・・」

ボクは宏美さんからの質問のこと、そしてその答えが出ないということを
やよいさんに詳しく話しました。

「…という事を悩んでいたんです」

「うーん…あ!私わかったかも麻宵ちゃん!!」

「え!?わかったんですか?」

一瞬でわかるなんて流石というか凄すぎですよやよいさん。

「うん!あ、でもこれは麻宵ちゃんのプロデューサーが麻宵ちゃんに
 出した宿題だから私が答えを言うのはよくないかも…。あ!それならヒントを
 あげるね!」

そう言ってやよいさんは肩にかけていたオレンジのポシェットの中から
クマバーガー型の手鏡を取り出しボクに向けて開きました。

「鏡に誰が映ってる?」

鏡に映っているのは当然ボクでした。

「ボク・・・あ、もしかしてボク自身ってことですか?」

「うん。他の誰でもなくて麻宵ちゃん自身がとっても大事なんだよ。
麻宵ちゃんが楽しく笑顔でやっていないと他の人達を笑顔にすることは
できないと思うよ」

「ボク自身が笑顔で楽しみながら・・・」

そういえばただがむしゃらにレッスンとかをしていた気がします。
そこに楽しむとかの余裕も、笑顔もなかったなぁ・・・。うん!!決めた!!

「わはーい!!やよいさんありがとうございます!!やよいさんのおかげで答えを
見つけることができましたー」

「おめでとう麻宵ちゃん!それじゃ、おめでとうのハイターッチ!」

『イエイ♪』

パンッと公園に気持ちの良い音が響きました。やよいさん本当に
ありがとうございます♪

次の日ボクは答えが出たのか嬉しくてすぐに宏美さんの元に向かいました。

「その顔は答えが出たって顔ね」

「はい!答えはレッスンを受けながら表現しますね!なんで特別レッスンを
お願いします!!」

「そういう事ならOK」

宏美さんから歌やダンスのレッスンを受けてる間ボクはレッスンを心のそこから
楽しんで笑顔やってみました。自分が楽しむ事で千草や他の人を笑顔に
出来るなられほど嬉しい事はないです!!

「麻宵ちゃん、とってもいい感じ、いい感じ!」

そう言ってくれた宏美さんの顔は凄く笑顔でした。それを見たボクは
『よーし!これからも、色んな事をいっぱい楽しんでたくさんの人を
 笑顔にするぞ~!!』
と決意しました。


おわり
スポンサーサイト
【 2012/01/24 (Tue) 】 アイマスのSSですよ♪ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。