春屋

こちらはゲーム「THE IDOLM@STER」「東方project」を応援しているサイトです。管理人のプレイ日記や、SSが置いてあります。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スノー&ブロッサム 4話 「お嫁さんな日」

こちらのSSは『アイドルマスター2』のSSです。
多少設定が違っていたり、オリジナルなPが出ますので
気にしない人だけ進んでくださいね。





「うわ~、真ちゃん、似合ってるよ!」

「そ、そうですか?お世辞でもうれしいな~」

私の前で、クルリと一回転してみせた真ちゃんの姿は、真っ白な
ウェディングドレス姿である。

今日のお仕事は、『Snow Flake』の三人で結婚式場のモデルさんだ。

「それにしても、本当に僕が花嫁姿でいいんですか?」

真ちゃんの言うとおり、普段なら真ちゃんは花婿さんの役なんだけど・・・

「この式場の社長さんがね、真ちゃんの大ファンなんだって。それでね、いつも
 男の子の格好ばかりだから、可愛いウェディングドレス姿が見たいって
 リクエストがあったんだ」

「そうなんですか・・・えへへっ、でも、ラッキーかも。中々、こういう服を着る
 機会がないからな~♪」

本当にうれしそう……ごめんね、いつも男の子役ばっかりで~!

「でも、綾乃さん。そうすると、花婿役は誰が?」

「それなら・・・あっ、きたきた♪」

私が手を振る先にいたのは、真っ白なタキシード姿の雪歩ちゃんだった。

「えっ!?ゆ、雪歩、なの?」

「う、うん。綾乃さんが、『せっかくだから、いつもとは逆にしてみよう』って、私が
 花婿さんをやってみたんだけど……うぅ、やっぱり、似合わないよね?」

「雪歩ちゃん、待って~。式場のど真ん中に穴は掘らないで~」

「そうだよ、雪歩。意外と似合ってるよ」

「ほ、本当?」

私と真ちゃんは、うんうんと頷いた。

「そうだ、雪歩ちゃん。ちょっと、いつもの真ちゃんみたいにカッコいい台詞を
 言ってみて」

「え?いつもの真ちゃんみたいにカッコいい台詞ですか・・・」

「・・・なんか、色々と引っかかるんだけど」

雪歩ちゃんは、しばらく『うーん』と考えた後、真ちゃんの手を取ってこう言った。

「真ちゃん、その花嫁姿、とっても似合ってるね。ふふっ、このまま、ここで
 結婚式を挙げちゃおうか?……な、な~んて」

「・・・はい、結婚してください」

「ちょっと、真ちゃんずるいわよ。私も・・・」

「あ、あのっ、二人とも!?今のは演技ですよぉ~!?」

これはちょっと予想外。雪歩ちゃんの新たな才能を見つけちゃったわ。

「あれ、そういえば、響ちゃんは?」

「あれ?私と一緒に着替えてたから、そろそろ来るはずなんですけど」

「うーんと・・・もしかしなくても、あそこに隠れてるの、響かな?」

よく見ると、柱の横からドレスの布が思いっきりはみ出ていた。

「あの~、響ちゃん?どうしたのかな?」

「うっ……見つかったぞ」

観念したのか、響ちゃんが柱の影から出てきた……って!?こ、これは!!

「な、なんだよー!言いたい事があるなら言えよー!」

「ひ、響ちゃん、めちゃくちゃ可愛い……」

「綾乃さんの言うとおりですぅ・・・響ちゃん、すごく似合ってるよ!」

響ちゃんは、恥ずかしいのかモジモジしながらこちらにやってきた。

「わあ~、髪型も変えてみたんだね」

「これは、スタイリストさんがこうした方がいいって・・・」

「うーん、私もまだまだね。響ちゃんの可愛らしさを、もっと研究しないと」

「も、もうやめてくれよ~!」

「そうだ!響ちゃん、ちょっとお嫁さんみたいな事を言ってみて!」

「えっ?お嫁さんみたいな事?・・・えーっと」

先ほどの雪歩ちゃんの様にしばらく考えた後、すごく恥ずかしそうに
響ちゃんはこう言った。

「・・・じ、自分の事、一生大切にしてくれなきゃ、嫌だぞ」

「響ちゃん、このまま結婚してください」

「ゆ、雪歩!?お前、目がマジすぎるってば~!」

「ちょっと、私もタキシード借りてくる」

「綾乃も何言ってるんだよー!!」

「…………なんか、僕、すっかり空気だよね」

その一言に、私たち三人の動きが止まった。

「ふ、ふふふ・・・せっかくウェディングドレス着てみても、雪歩の花婿姿とか、
 響の花嫁姿に持ってかれちゃうし・・・これなら、いつもどおり男の子役を
 やってればよかったな~・・・」

うわ~、真ちゃんがすっかり闇のフォースを纏ってる~。

「ま、真ちゃん?大丈夫だよ、真ちゃんだって、負けてないよ!」

「そうだよ、真ちゃん!えっと~・・・ほら、お嫁さんにしたくらい可愛いよ!」

「あー、えーっと、自分なんかより、真の方がかわいいと思うぞ!うん、絶対に!」

「へへ~ん・・・別にいいよ~・・・どうせ僕なんか・・・」

その後、私たちは力の限り真ちゃんを元気付けようとしたが……ダメだった。
あう~・・・やっぱり今日も、胃が痛い・・・。

つづく。
スポンサーサイト
【 2012/06/22 (Fri) 】 アイマス2のSSです☆ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。