春屋

こちらはゲーム「THE IDOLM@STER」「東方project」を応援しているサイトです。管理人のプレイ日記や、SSが置いてあります。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイドルマスター みっくす! その4

このSSは『アイドルマスター』の関連シリーズのSSです。
『DS』、『モバマス』、『ぷちます!』、『アニマス』の
キャラがいっぱい出てきます。多少設定が違う事がありますが、
それでもOKな方は先へどうぞ。

『みんないっしょの理由』




タッタッタッ……

「に・い・さ~ん♪お仕事終わったよ~~♪」

ガバッ!と、絆の背中に抱きつくのは妹のみちる。

「おいこら、俺はまだ仕事中だから離れろ。邪魔だっつーの」

「あはは。相変わらず、黒崎君とみちるちゃんは仲が良いわね」

「本当ね、みちるもそうしてると普通の女の子に見えるわね」

絆と一緒に打ち合わせをしていた綾乃と、『プロデューサー時々アイドル』
の律子が二人の様子を見ながら笑っていた。

「うっとうしいだけだって・・・あっ、丁度いいところに。春香、卯月、
 この邪魔なのと遊んでてくれないか」

「もう、絆さんったら。そんな風に言ったら、みちるちゃんがかわいそう
 ですよ」

「みちるちゃん、残念だけど私たちとお話でもしてよう、ねっ」

「うーうー」

「うーうー言うのをやめなさい・・・って、くだらねえ事言わせるな」

そう言って、背中に張り付いていたみちるを引っペがして春香達の方へ
渡した。

「む~、兄さんのイジワル。いいもん、春香ちゃんで遊ぶもん」

「・・・あれ、私『で』なの?私『と』じゃなくて?」

「そうだ!私、765プロのプロデューサーさん達に聞きたい事が
 あったんです」

卯月が唐突にそう言うと、絆だけでなく綾乃や律子も手を止めていた。

「どうしたの、卯月ちゃん。仕事の事?」

「それとも……そこのみちるに何かされた?」

律子と絆がみちるの事を思いっきり睨んでいた。

「律子さんも兄さんもひどいな~。今日は『まだ』何もしてないもん!」

「えっ!?まだって、どういう事かな!?」

「話を戻すぜ。何を聞きたいんだ、卯月」

「ああっ、すいません。えっと、いつの間にか私達と春香さん達で
 一緒に仕事してますけど、どうしてなのかな~、って」

「そういえば、私も知らないわね。律子さんなら知ってるかしら?」

「いいえ、綾乃さん。実は私も知らないのよ」

「なんだよ・・・あのおっさん、ちゃんと説明してなかったのかよ」

そう言い、絆が溜息を吐いていた。

「兄さんは知ってるの?」

「まあ、簡単に説明すると……」

絆の説明によると、こういう経緯である。

数日前、765プロの社長である高木社長が事務所の下の階のお店で
酒を飲んでいたところ、偶然出会った卯月達の事務所の所長と
意気投合。その後、『だったらウチの子達と一緒に仕事をさせて
みようじゃないか!』と高木社長が言い出し、卯月達の所長も
『それはいいねえ~!ウチの子達にもいい刺激になるよ!』という
流れになり、現在に至る……。

「なんか、絆さんその場に居たみたいに詳しいですね」

「よくわかったな、春香。実際その場に居たんだよ、俺。
 『たまには付き合いたまえ~』なんて言われてな」

と、疲れた表情でまた溜息を吐いた。

「でも、ちょっとだけ社長さん達に感謝ですね。だって、そのおかげで
 春香さん達と一緒にお仕事できるんだから♪」

「そうそう、卯月ちゃん。私の事、さん付けで呼ばなくてもいいよ。
 確かに私の方が先輩かもしれないけど、一緒に頑張ってく仲間
 なんだからさ」

「え、えっと……それじゃあ、これからもよろしくね、春香ちゃん♪」

そう言って、春香と卯月は仲良く手を取り合っていた。

「……まっ、結局、俺の仕事が倍になっただけなんだけどな」

「まあ、そのへんは私達も頑張るし、問題無いよ♪にゃはは~!」

「そうね。黒崎君、一人で無理しなくていいからね。私達も
 色々と手伝うからね」

「ん・・・ありがとよ」

「なによ、柄にもなく照れてるの?」

「うっせーよ、律っちゃん。また可愛い格好でステージに立たせるぞ」

「ちょっ!?それはやめてってば!?」


つづく。

スポンサーサイト
【 2013/06/30 (Sun) 】 アイマス みっくす! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。